qrcode.png
http://wakeidou.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社 和敬堂
〒940-0088
新潟県長岡市柏町1-2-16
TEL. 0258-33-8510
FAX. 0258-33-8511
Mail   contact@wakeidou.com
古物許可番号 
 新潟県公安委員会
 長岡第461190001328
----------------------------------
日本刀・刀剣・刀装具の売買
----------------------------------
 
 
 

刀 繁慶

   
品番 A320124
 
銘文 繁慶(新刀最上作)
Sign      Hankei  (Shinto Saijyosaku)
 
価格 売却済
price     sold
 
鑑定 財)日本刀剣保存協会 特別保存刀剣
Certif    [N.B.T.H.K]                 Tokubetsu Hozon Touken 
 
登録  徳島2123  昭和28年3月6日交付 
 
寸法   長さ 二尺四寸三分(73,8cm)   反り 12㎜  目釘穴 2個 
        元幅 30mm 先幅 20mm 元重 6,0mm
Size       Blade length  73,8cm     Curvature 12mm   Mekugi 2Hole
 
国   武蔵国   
Country    Musashi Edo
 
時代   江戸初期
Period    Early of Edo priod
 
形状   鎬造り、庵棟、身幅重ね頃合い、優美な反りとなる。
 
鍛え   大板目に大肌交じり繁慶独特のひじき肌となり、地沸微塵につき、鉄冴える。
 
刃文   湾れ刃に互の目交じり、刃中砂流し金筋しきりにかかり沸微塵につく。
 
帽子   掃きかけて一枚となる。
 
中心   生ぶ、タナゴ腹となり、桧垣鑢
 
拵    無
 
白鞘  有
 
鞘書  田邊道宏先生鞘書
 
 
 
解説
  繁慶は生国三河で江戸に出て初めは鉄砲師となり、将軍家の鉄砲鍛冶として重用された。それから刀鍛冶を志したのは、康継や国包、重国らが駿府で刀を鍛えているときに、同じ駿府で鉄砲を鍛えながら刀、脇差も鍛えたとようである。康継の感化をうけたというのはそれでであろう。寛永元年に繁慶と改名し、その後江戸の下原照重、康重によって相伝の古法をおさめたとされていて、のちに則重風の独自の伝法を完成させ作品を残している。
 本作は繁慶独特のひじき肌が良く出て、刃中に砂流し金筋しきりにかかって、沸も厚くつき、覇気に満ちた出来で、さすが繁慶の一振りである。
 

お問い合わせ・ご注文はこちらから

お問い合わせ・ご注文はこちらから
   
   
お電話でのお問い合わせはこちらまで
 
0258-33-8510
 
お気付きの点、ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
<<株式会社 和敬堂>> 〒940-0088 新潟県長岡市柏町1-2-16 TEL:0258-33-8510 FAX:0258-33-8511