qrcode.png
http://wakeidou.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社 和敬堂
〒940-0088
新潟県長岡市柏町1-2-16
TEL. 0258-33-8510
FAX. 0258-33-8511
Mail   contact@wakeidou.com
古物許可番号 
 新潟県公安委員会
 長岡第461190001328
----------------------------------
日本刀・刀剣・刀装具の売買
----------------------------------
 
 
 

縁頭 遊落斉赤文 東遊斉一明

  • ホーム  > 
  • 縁頭 遊落斉赤文 東遊斉一明
   
品番 G320423
 
題目 猛虎図縁頭    二点セット
Title   Mouko zu Fuchikashira 
 
銘  遊落斉赤文
Sign     Kikuoka Mitsumasa (kao)
     東遊斉一明    
     Touyusai Ichimei
 
価格  550,000円
price     550,000jpy
 
 
鑑定 財)日本美術刀剣保存協会 保存刀装具
Certif     [N.B.T.H.K.]                 Hozon Tousougu
 
 
所載  遊落斉赤文考所載 第三十八図 第六十六図
 
 
寸法  赤文 縁 縦 38.7mm 横 22mm  腰の高さ 12m
        頭 縦 34mm  横 17mm    
       
    一明 縁 縦 39mm   横 22mm  腰の高さ 11m
        頭 縦 35,5mm 横 17mm    
  
時代   江戸後期
Period      Late of Edo
 
系統   村上桂家 庄内金工
School      Murakami Katsura   Syounai Kinko
 
解説
 赤文は村上桂家、初代雲軒の三男として寛政元年に越後国村上で生まれる、兄に鷺州、弟に南山がいる。初めに鷺州のもとで彫金の手ほどきを受け、東都へ出て玉川政春の門人となる。腕が良く、いくつかの藩から誘いがあったが故郷の越後村上に近い庄内藩を選んだと伝わっている。文政七年で羽州庄内洒井公のお抱え工となる。
 桂一明は村上桂家三代目で、桂家は初代雲軒、二代鷺州、三代一明と代々栄える。一明は赤文の弟子であったが腕を買われ鷺州の養子になっており三代目となる。一明は師匠であった赤文の影響を強く受けており、赤文流の作品が残っている。
 本作の猛虎の図は赤文や桂家が得意とする図で、構図が同じで赤文と一明が師弟関係であることが一目でわかるセットとなっている。赤文らしく虎の表情に愛嬌があり出来が良い。
 二点とも遊落斉赤文考に所載である。
 

お問い合わせ・ご注文はこちらから

お問い合わせ・ご注文はこちらから
   
 

お気軽にお問い合わせくださいませ

お気軽にお問い合わせくださいませ
 
お電話でのお問い合わせはこちらまで
 
0258-33-8510
 
お気付きの点、ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
<<株式会社 和敬堂>> 〒940-0088 新潟県長岡市柏町1-2-16 TEL:0258-33-8510 FAX:0258-33-8511