本文へ移動

脇差 大慶直胤 文化四年二月日

品番 B341016
 
銘文 大慶直胤 (新々刀 最上作)
   文化四年二月日
Sign      Taikei Naotane  (Saijyosaku)
          Bunka 4nen 2gatsuhi
 
価格  売却済
Price     sold
 
鑑定 財)日本刀剣保存協会  特別保存刀剣
Certif    [N.B.T.H.K]                  Tokubetsu Hozon Touken 

所載 鑑刀日々抄(本間薫山著) 
   
 
登録  長崎1472  昭和26年12月2日交付
 
寸法   長さ 1尺6寸8分(50,9cm)   反り 0,8cm   目釘穴 1個  元幅 30mm
Size       Blade length  50.9cm          Curvature 1,0cm   Mekugi 1Hole
 
国   武蔵国   
Country    Musashi
 
時代   文化四年
Period    AD1807
 
形状   鎬造り、庵棟、身幅やや広く重ね頃合い、反り浅く、中切先

鍛え   小板目肌よく詰み、地沸よくつく。
 
刃文  濤乱刃、沸出来となり、匂口柔らかく、明るく冴える。
 
帽子   直ぐに小丸に返る。
 
中心   生ぶ、やや刃上がり栗尻、鑢目化粧鑢り。
 
白鞘  有

鞘書  本間薫山鞘書き
 
解説 
 大慶直胤は、名を庄司箕兵衛という。安永七年に出羽国山形に生まれた。水心子正秀に師事して、文政4年頃に筑前大掾を受領し、嘉永元年に美濃介となる。細川正義と共に水心子門の双璧となり、新々刀期を代表する刀工となる。作域広く、五ヵ伝すべてに精通し、特に備前伝、相州伝では古刀を見るような力作を多数残している。安政四年五月七日、七十九歳で没す。
 本作は文化四年の若打ちの作品である。津田越前守助廣が得意とした濤乱刃を焼いている。師である水心子正秀は濤乱写しはまま見ることがあるが、直胤の濤乱写しは数が少なく貴重である。出来も見事で匂口が柔らかく明るく冴え、師の正秀よりも見事な濤乱刃の出来となり。直胤の技量の高さと非凡さが見て取れる。
直胤の濤乱刃の傑作である。
新々刀期では水心子正秀、大慶直胤、山浦清麿、左行秀が最上作に指定されている
刃文の確認はこちらを動画をクリック下さい。
お電話でのお問い合わせはこちらまで
 
0258-33-8510
 
お気付きの点、ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
株式会社 和敬堂
〒940-0088
新潟県長岡市柏町1-2-16
TEL.0258-33-8510
FAX.0258-33-8511
Mail contact@wakeidou.com
古物許可番号 
 新潟県公安委員会
 長岡第461190001328

日本刀・刀剣の販売・買取・鑑定


 
4
5
2
8
5
7
TOPへ戻る